エントリ
カテゴリ
お買い物リスト




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category(スポンサー広告)  
 
『破門』観てきた。
あいぽんの持ち込み修理のため
本日わたくし半休を戴きました。

そして
次の免許がゴールドでなくなるようです。








一旦停止できっぷ切られたの2回目だ。
何年振りかなあー久しぶりだなあーーーー







あいぽんは、
無償交換なので店頭へ持ってゆき
20分くらいお預かりしますってゆわれて
店頭で待っていただくか
お買い物されてきてもいいですよ
ってゆわれて、

映画観てきます

って、
映画を観る告知をしまして
すまほ無しの人生久しぶりすぎる。
すごく困ること満載。

とりあえず、
商業施設の中に時計がなくって
まず映画館に行って
パンフレットを購入し

「今何時ですか?」と問う。





ふらふらウロついて
映画館とこのお店で珈琲買って
受取りながら




「今何時ですか??」って問う。








上映10分前に近づいたので
再び映画館に戻り、
さっき、時間をきいた係員くんに


「もういい?」





って了承を得て入場する。
(10分前からって一度断られた)






平日3回上映。





10人くらいでした。


若い女の子が2ペアくらいと
ばばあ仲間のおひとりさまがわたしの他4人くらいと
必ずいる、ひとりおじさん1人←強面、、、、
あと若い女の子2+兄さん1人のどんな関係か謎の。





あのねえ。

よこ、かしこまったカッコつけじゃなくって
通り一辺倒のカッコつけじゃなくって
やっぱり標準語だと構えちゃうのかなあ。。。

いままででいちばん自然な演技な気がしたけど
あれは演技じゃあないのかなあもしかすると。
でも演技をしているんだろうなあ、
「よこが演技しよる」って面白がるひまなかったなあ。

それに怯えた目が野良犬みたいで
相手組の兄さん達2人が潜むアパートで
暴れだす前のテーブルについていたときなんて
二宮とともに怯えてスクリーンみていて
あちらさんがテーブルをばーーんって叩いたとき
いっしょにびくーんって飛び上がったけれども
映画館暗闇やし、背もたれ高いしおなし列おらんし助かった。




でもさ、
ちょこっと面白がってしまったシーンは
名刺交換するときかなあ。
パッチのPVの指2本で差し出す
へんてこりんなシステム思い出したもん








最近、
よこと一緒に蔵之介がよう番宣で出ているけれど
なんか、老いたのか痩せたのか
目の下の皮膚とか疲れ気味な気がして
鶏がらスープの出汁とられた後みたいに見えていたけれど
あんなスーツきて髪の毛ふわふわさして
銀縁メガネかけたら、色気あるよねえ、
かっこいいねえ。




そんなやくざさんをさ、
優しく支えるおくさんいいよね。
二宮が諦めて車に乗って出てった
その2人の後ろ姿を
店の中から出てきて見送る最後のシーンが
それまでがっちゃがっちゃで
刺されたり殴られたり投げられたりしよったのに
あったかーい気持ちで終わってしまったです。






あったかーくなって







画面がふわっと暗くなって
そいで大音量のなぐりがきBEAT。。。














足の爪、研いだあと匂うのんは
後から付け足したんかなあ。。





今日きられた切符で二宮の顔を隠してみました。
スポンサーサイト
Category(映画『破門』)  CM(2)
 
なかなか外歩けんて。
夕刊見ていたら居たので撮ったよ。

蔵之介さんだけ顔認証されるのに
裕さんの顔には四角い枠が出てこないー

朝日新聞1月21日夕刊より


コワモテ関西弁 小気味よく

 「溺れ死ねへん、心配するな。殺してから沈めるからな」。
そんなコワモテ関西弁が飛び交う、コメディータッチのやくざ映画「破門」(28日公開)に、カタギと極道のコンビ役でダブル主演する。
 大阪のしがない建設コンサルタント二宮(横山裕)は、工事現場の暴力団対策を請け負うのが仕事だが、腐れ縁のやくざ桑原(佐々木蔵之介)に振り回されてばかり。ある日、映画の出資詐欺に巻き込まれ、組のカネが持ち逃げされてしまう。2人は悪徳プロデューサーの跡を追うが…。
 作家黒川博行さんの直木賞作品が原作。二宮と桑原は、たまたまカネの利害が一致するから一緒にいるという関係だ。京都出身の佐々木さんは「僕も横山さんもネイティブの関西弁。掛け合いの息がぴったりだと、仲良しコンビに見えてしまうので、わざと間を外す工夫もしました」。
 横山さんは「桑原を恐れているのに、つい逆鱗スイッチを押してしまうのが二宮。僕ならできません」。
 舞台経験が豊富で、「マクベス」で1人20役を演じたこともある佐々木さん。横山さんの演技について、「役作りは、途中でこうだと決めてしまうこともできる。でも、最後まで現場で迷いながら役に向き合った。その姿に刺激を受けました」とたたえた。
 「福岡は地元京都の次に好きな街」と佐々木さん。横山さんは「毎年来るのに、なかなか外を歩けなくて」とうらやんでいた。
(文・写真 上原佳久)


何をいまさらっておもうかもしれんけれども
相変わらず、なんの雑誌も買っていないので
公開1週間前にしてすごく新鮮にインタビュー読みました。






今日のサタプラでは
まるちゃんが、
よこのくちがよう開いてることを暴露し
蔵之介さんも閉まってるの見たことないってのっかって
さすがによこも顔真っ赤っかにして喜んでいたし、
くち周りの練習で歌を歌うのだけど
大いに音程を外してしまっていて
朝からよこに歌を歌わすとかそんなんやめさしてあげてほしいです。


もう、よこの口あほみたく開けたまんまのやつは仕方ない。
鼻が詰まっとるかもしれんし
下くちビルが重たいで重力に逆らえんのかもしれんし。
いろいろよこの顔面下半身も忙しいのよねえきっと






あと1週間で「破門」公開なんだねえ。
W主演とか発表されたときは
だいぶ先の話をしているなあとおもっていたのに
時がたつのはまったく早いものです。
こうして人は死ん……

はい、しんご。
Category(映画『破門』)  CM(0)
 
  MAIN  
SEARCH THIS SITE
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
訪問者
total ★ now
Templated by TABLE ENOCH


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。